甘く見ており、喪中はがきを事前に出すという行為すらしていませんでした・・・

まき/女性/29歳さんの初めての喪中ハガキ、失敗談

喪中はがきを出したことはなかったのですが、年賀状の時期になり、
年賀状が届いた方には喪中を知らせる文面をお返ししようと考えていました。

 

しかし、想像以上に多くの年賀状が届いてしまいました。

 

喪中の知らせの返信など簡単にできるものと、甘く考えていたので何も準備をしていませんでした。
そのため、年始の忙しい時期にデパートへ行き、喪中の文面の載ったはがきを購入し、
ひたすら返信作業に追われることとなってしまいました。

 

喪中はがきの文面も年始にふさわしい内容のものが少なく、選ぶのに苦労しました。

 

また、インターネットなどで検索しながら追加する文面も考えたので、
なおさら時間がかかってしまいました。

 

そのような知識もなかったので、なおさら備えをしておかなければならなかったと思います。
数件ですが、親しい友人からは「喪中だったのに年賀状送っちゃってごめんね」というメールが入り、
逆に気を使わせてしまったと反省しました。

 

まだ、それほど喪中はがきの必要性や重要性について考えられていなかったのですが、
実際にこういった失敗をしたことで今後は慎重に行動するべきだと思いました。

 

安易に考えていたことですが、年始にお互いが気持ちよく年を迎えられないことになってしまったので、やはり喪中の知らせは事前にしておくべきです。

 

極々基本的なことですが初めてだとこんなバカみたいな失敗もするものですね(^_^;)